アメリカ全力逆走日記

アメリカに留学中の管理人がお届けする、毎日は書かない日記です。 頭の温かい方向に行くこと必至です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ちょっと今日はイロが違うですよ


ちょっと今日はいつもの自虐ネタでなく(笑)
サイエンス専攻な大学生さまたさんとして語らせていただこうかと。

興味のない方には本当につまらないだけの話です。
かつさまたさん調子のってんじゃねーよ系の内容ですほんきで。


さまたさんの友達は読むの避けた方がいいかもだよ!
ほんきイラッとするかんね!ウチのこときらいになるかんね!
ていうかできたら読まないで下さいドン引きされんのが本気で怖いです(土下座)






※ここから先は全て個人論です。




http://www.project2061.org/publications/sfaa/sfaajapanese.htm


ウワアアアアもうキタタタタタタタタタ━(゚(゚ω(゚ω゚(☆ω☆)゚ω゚)ω゚)゚)タタタタタタタタタ━!!!!!
という感じなのですが、コレ何かといいますと、Science For All Amaricansという組織?
なのかな?(適当とかやめてください)
が始めた理科教育改革プロジェクト"Project2061"っていうのの報告書があるんですが、
コレが日本語版になるんです。

この内容がねー、メチャクチャいいのですよ。
基本的に科学の教科書みたいなものなんですが、科学の本質から人体、数学、心の仕組み、教育改革とかそんなのまで広く語ってあります。
For All Americans、全てのアメリカ人のために、と言うだけあって、すごく読みやすいのです。
サイエンス系のテキストっていうのはやたら専門用語が多かったりして読み辛いことが多いんですが、
コレは本当に読みやすいです。(っていっても私ぜんぶ読んだわけじゃないのですが)
マニアックになりがちなサイエンスというジャンルで、できるだけやさしい言葉を使い、
かつ内容を社会とかと結びつけることで、科学を敬遠しがちな人にも興味深いと思わせる作り。

いやこれ本当うれしいのです。
っていうのも、個人的にサイエンスに関する教育改革的なものは(特に日本では)必要だろうなーと思っておりまして。
それに一番必要なのは、わかりやすく、面白いテキストだと常々考えていたのです。
少なくとも日本ではサイエンスは何てゆうか無機的?といいますか、
どうも『人間的なものから離れた』印象を持たれている気がしておりまして、

科学者=非社会的、論理的すぎて冷たい

と思われてる気がしてならなかったのですよね。
でも実際、サイエンスっていうのは世界そのものの観察と、その解釈だと思うのです。(個人論です)
世界の中で人間がどうあるか、世界は人間に対してどうはたらくか。
それを知ることはものすごく面白いことだと思うのです。
そしてその面白さのほとんどがある種の感情的、文学的感動じゃないかと。

なのにサイエンスはどうも『つまらないもの』として敬遠されがち。
なのは何でかと言ったら、ズバリ敷居の高さだと思うのですよね。
難解でややこしいのです。

専門用語のオンパレード、
フクザツで理解不能な長ったらしい文章、

ぶっちゃけウィキペディアとかにある文章は私にも理解不能です。(しっかりしろ生物学専攻)

『専門用語、専門的言い回しを知っていることが前提』
の文章では、そりゃ普通の人は読みたがらんわ、という話です。
もちろんディティールについて知ろうと思ったら専門用語を覚える必要性は発生してくるんですが、
まず興味をもつ、というのが大事ですから、そのためのカンタンで面白いテキストっていうのは必要だと思うのです。

といいますのも、これからサイエンスに対する理解を深める必要性はガンガン高くなっていくと思うのです。(後述)
そしてその理解が特に必要になるのが若い世代。教育ですね。
けどつまらんまんまの科学では、子供たちが興味を持つはずもない。
元々サイエンスはおもしろいのに!
なので教育の上でサイエンスに一番必要なのは『わかりやすさ』じゃないかと。

ニセ科学(UFOとかツチノコとか、根拠がないながら科学的なニオイのするアレです)が
面白いと思われ、一般人にも広くウケるのは、そういったものを説明する
テキストのわかりやすさあってこそなんじゃないのでしょうか。
実際サイエンスの中には、UFOレベルに面白い話ならゴロゴロしているのです。
でもそれにマニアックな説明しかつかないから広まらない。

これは
学問として存在すること
   ↓
間違っていると非難される
   ↓
的確な表記をしなくてはならない
   ↓
学会で認められた表現を用いる必要性
   ↓
専門用語だらけ、回りくどい言い回しの文章
っていうしがらみもあるのですが


あと日本に関して言えば、そもそも日本語っていう言語そのものがすごくサイエンスに向いてないと思います。(何ですかその絶望的なアレは)
日本語っていうのは禅とかそういう『雰囲気』を語る上で非常に優れた言語だと思うのですが、
だからこそ日本語で『的確に』『論理的に』何かを表現するのは難しい気がします。
婉曲表現とか多いですものね・・・
そうするとますますサイエンスのテキストは難解なものになってしまうのです。

まあそういうグダグダがあって、サイエンスは『ややこしいもの』として扱われ、
それが好きだ、と言う人は『マニア』として『一般人』から弾かれた位置づけに置かれてしまうのでしょうね。
まあそのサイエンス人間の非社会性が日本の科学力を支える一端でもあると思うのですが、
それはここで語ってもしょうがないので割愛です。


別に「学問としてのサイエンスは他のフィールドより優れてるんだぜ!」
とかって言うつもりはないのです。
ただ、これから社会がますます情報化したり、国際問題ケアの重要性が増加したり、まして複雑系の理解が重視がされていくと、
どんなジャンルにおいても、ある程度マニアックにサイエンスを理解することは譲れなくなってくる気がするのです。
(ちなみに複雑系の理解には日本語は適していると思います)
(複雑系=『複雑さについての科学』 色んなものが相互に関わって物事がフクザツになっていくなんかそういう全体的な何か(説明下手すぎる))
とりあえず最低でも日本という国を維持発展させるという意味で。
(これはサイエンス専攻とかそういうレベルでなく、バックグラウンドの知識としての話です。)

その時にサイエンスのテキストが難解なままでは、それを理解できる人とできない人の間で、
『知識・理解の格差』ができてしまう。

私は一部の人がものすごくサイエンスに長けていても仕方ないと思うのです。
民主主義がある限り、いつだって社会は(形式上)多数派の味方です。
ただいわゆる『一般人』は、権威やそれっぽいことを言う人の意見に簡単になびいてしまい、
つまりはコントロールされてしまうのが実情ですし、
これはもう日本だけでなく世界各国のしがらみだと思うのです。
そして日本という国の中で、科学者の持つ影響力っていうのはものすごく弱い。

だからこそ必要なのは、『国民全体の理解レベルを上げること』だ、というのが私の意見です。

より多くの人が、伝聞形でなく、自分の脳で状況を理解、消化し、
『多数派の意見』の質そのものを上げていかなくてはならないのでしょうか。

(今ちょっとここで冷静になって何だこのエラそうな女はとかおもいましたすいません(平伏

まあとにかく、より多くの人が、サイエンスを楽しく学ぶこと。
これが理想的だと思うのです。
そして必要になるのが、わかりやすいテキスト。
そういった意味でこのSFAAっていうものの存在がものすごく大事だと思うのです。

コレは本当に読みやすいし、少し読書をする方にとっては純粋に読物として面白いと思います。
上のURLへ飛んだ先でclick hereってとこクリックすると日本語版が閲覧できます。

そしてサイエンスが(特に若い世代に)もっと広まれば、より簡単に、かつ面白く、
サイエンスを説明することができる人材も増えてくると思うのですよね。





う・・・ううん我ながら支離滅裂な文章だ・・・色々申し訳ないです・・・
私も結局、言うほどサイエンスに対する造詣が深いわけではありませんし、
そもそも純粋なサイエンス人間というわけでもなく、社会的理解が優れているでもなく、
文章がそこまで上手いわけでもないので・・・(何だボロボロですよ)

まあ少しでもここを読んでくださっている方が楽しんでいただけたら、
そしてSFAAというものの存在を知っってくれたら、と思う次第ですYO!


そしてこういった話をした時にコメントもトラックバックも受け付けません、
というのは非常にアンフェアだと思うのですがどうしたら。
PCネットオンチがここにきて大問題ですよ!
あ・・・後でちょっと手を考えようと思います。(泣きながら)




最後に。
SFAAを知る機会にもなったブログ様で管理人様がSFAAを和訳していらっしゃったりしていたのですが、
わたしほんとブログ上のマナーとかわからないので(・・・。)
リンクもトラックバックもせずにおこうと思います。
っていうかトラックバックの仕組みがいまだにわかりません(・・・・・・・・・・。)

けれどとにかく、そういったブログ様が存在することを明示しておこうかと。



長々と読んでくださりありがとうございましたー!
宿題逝ってきまッす★(泣笑顔)

実は半分以上現実逃避みたいなもんでした。

やっべぃよコレ明日までに終わるのかね!なにしてんのわたし!





スポンサーサイト
  1. 2008/04/17(木) 21:49:06|
  2. 未分類

プロフィール

さまた

Author:さまた
2010年6月に卒業予定のアメリカ留学生です。
卒業前に英語ペラペラとは言わないからせめて英語ペラぐらいになりたい
最近のマイブームはチキンラーメンです。アメリカだとアホのように高いけれど仕方ない。卵のせてもぜったいきれいにゆであがらないんですけど何で?

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

占いブログパーツ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。